整体学校だより

治療系整体師とは業界のエリート?治療系整体師になる方法

治療系整体師とは、癒しや健康目的の整体と違い、痛みやケガの治療を目的とした施術をする整体師のことを言います。特徴として整骨院っぽい雰囲気で、独立開業者が多く、他の整体師と違い、様々なセミナーに積極的に参加している、ということがあげられます。そんな治療系について記事にしています。
整体学校だより

リラクゼーション(癒し系)系整体とは業界の底辺なのか?

リラクゼーション系整体というのは、手もみほぐし整体をしている癒しマッサージ風の施術をする人のことを指し、業界の大部分の人がこのカテゴリに入ります。リラクゼーション系は大多数なので、技術や知識のレベルが低く見られがちですが、実は間逆なのが業界の常識なのです。現場の整体をわかりやすく解説してます。
整体学校だより

整体サロンの研修制度とは?口約束はダメ!体験者が語る真実

整体サロンの研修制度は、本当に店によって内容、器官、規模、様々で一様には言えないものです。ここでは一番やってしまいな口約束の例と、研修制度中に起こるかもしれない「話が違う!聞いてない!」的なトラブルについて、実際にあったことを例にして、体験者視点で初心者にもわかりやすく説明しています。
整体学校だより

なぜ整体院は取りこぼしが多いと売り上げがガクンと落ちるの?

取りこぼし客が多いとサロンの売り上げに大きく影響します。もしもかなりの数を取りこぼしてる場合は、早急に何らかの手をうたないといけません。例えば、割引券を渡すなどのサービスをして他店に流れないようにする必要があります。この記事では時間帯やスタッフ数などから詳しく解説します。
整体学校だより

サロンを辞める時,整体師が担当顧客を引き抜くのはありなの?

整体師がサロンを辞めるときに、自分の担当の顧客を引き抜くのは、会社に大きな損害を与えない程度の勧誘ならば問題ないのが実情です。顧客の引き抜き防止のために会社は、入社時や退職時に誓約書を書かせようとしますが、サインする義務はありません。そんな顧客の引き抜きについて記事にしています。
整体学校だより

マッサージ整体師|どうしてマッサージ師が整体院をしてるんですか?

国家資格であるマッサージ師が民間資格である整体院を開いたり整体師になる場合があります。このような人をマッサージ整体師と呼びます。整体師の方が収入が上がる(売れる)可能性があるため、医療従事者であるマッサージ師のセカンドキャリアとして整体が選ばれる事象が現場で増えてます。
タイトルとURLをコピーしました